■連携病院について  ■退院時カンファレンスについて
 ■訪問看護ステーションとの連携について  ■ケアマネージャーさんとの連携について
 ■調剤薬局との連携について  
 

主に患者様が外来で元々診察を受けていたり、ご入院されていた病院のことです。

病院から診療情報提供書(紹介状)などにより、診断や症状、治療などの現在までの患者様の病気について教えていただき、当クリニックは経過報告書、在宅患者連絡票等で連絡を行い連携を図ります。

患者様の病状が変化した時や、検査目的などで受診していただく場合には、当クリニックから連携病院にご紹介いたします。

また他の診療科(整形外科や皮膚科等)への受診の必要性があるときは、そのご紹介もいたします。

特に連携病院のない方は、当クリニックの連携医療機関をご紹介いたします。

【当院連携病院】
東都文京病院(文京区)
杏雲堂病院(千代田区)

・東京大学医学部附属病院・順天堂大学医学部附属順天堂医院
・医科歯科大学医学部附属病院・三井記念病院・日本医科大学附属病院
・都立駒込病院 等


 【退院時カンファレンスについて】

退院時カンファレンスとは、病院での入院加療を終え、今後自宅にて療養を希望される場合に、病院での主治医と在宅療養を担当する医師の間で患者様の病態について情報を共有することです。一般的には、退院前に病院で行われます。

この退院時カンファレンスを当院では重要視しています。

退院前に医師同士で患者様の病態について直接話し合うことで、退院後に速やかに適切な医療を行うことができます。また、ご本人、ご家族と面談することで、困っていることや心配なこと、自宅での生活への希望を伺うことができ、よりスムーズな療養生活につなげることができるからです

当院からは、退院時カンファレンスには必ず医師(原則、院長)が出席し、十分な話し合いを持つように努めています

訪問看護ステーションは病気や障害のために、支援を必要とされる患者様の健康状態の観察、日常生活の支援、リハビリテーション、医療機器・カテーテル類の管理等、その方の状態に応じた看護を提供します。

また患者様の容態が悪化した際には緊急で訪問することもできます。

訪問看護が必要になったときは、患者様・介護者の方の了解の上、当クリニックの担当医が訪問看護指示書を作成いたします。

各地域の連携する訪問看護ステーションは訪問看護指示書の内容に沿って訪問看護を行い、病状が変化した時には当クリニックと連携を取り合いながら患者様の看護を行います。
 
当クリニックは患者様の担当ケアマネージャーさんとも密接に連携いたします。

患者様の状態が変化した場合に話し合いを行ったり、患者様が施設のショートステイや訪問入浴等をご利用される場合などに、病状や投薬内容、日常の様子等必要に応じて情報提供を行っていきます。

また、患者様が介護保険を申し込まれるときに必要な主治医意見書も作成いたします。


 
お薬は処方箋をその場で発行いたします。全国どこの調剤薬局でも使えます。

ご希望によっては、ご自宅まで薬剤師が薬をお届けし、服薬指導をしてくれる薬局を紹介することもできます。


facebook

クリニックからの情報を
随時更新しています!


 

御茶ノ水ドクターズネット
について






























































 
Copyright © Bunkyo-Nezu-Clinic All Rights Reserved