質の高い在宅医療を提供します。  ■文京根津クリニックのあゆみ 
院長の紹介・社会活動  ■スタッフの紹介 
 

『自分の家で生活し療養する。』ということは、特別なことではなく、人類発展の歴史の中でもっとも古くからある姿でもっとも自然な形です。

日本の社会が今までにない高齢化社会を迎え、社会における医療システムも新たな転換期に達しております。

その大きな転換期に際し、在宅医療は今、特別な意味をもっています。

これからの在宅医療は単に以前からある「往診」であってはならないと思います。  
 
文京根津クリニックは在宅で使える最新機器、技術、最新の薬剤等を積極的に導入し、日々医療の質を高めています。

また近隣の高度先進病院と密に連携し、トータルシステムとしてもっとも質の高い在宅医療を実現することを目標とし、職員全員が一丸となって努力しています。

医療の最終目標は、「単にひとつの病気の検査の数字をよくすることだけではない」と私は思っています。患者さんが社会や家庭において、その役割を再び実現できる様にすることが、私達の目指す医療の最終目的であると位置づけています。

当院は開業以来、数多くの患者さんと接し苦楽を共にしてきました。

今までの多くの患者さんのご家族から寄せられた感謝の手紙は我々の励みであり、手紙のファイルの厚みは私達の誇りです。

今後も文京根津クリニックは、在宅で実現できる最新の医療技術の積極的導入から、患者様やご家族の希望に的確に答えられるきめの細かい対応も含め、完璧な質の高い在宅医療を目指します。 
 
 院長  任 博(にん ひろし)
文京根津クリニックのあゆみ
 平成17年6月  文京根津クリニック 開業
平成19年6月   医療法人社団杏生会 設立
 
院長の紹介・社会活動
昭和62年  ドイツ・ハノーバー(Hannover)医科大学卒業
医学博士
平成20年6月  人命救助への貢献に対し、消防庁より総監賞受賞
平成22年10月  順天堂大学医学部非常勤講師 就任
第2回 Charite Berlin Health Summit(独・ベルリン)参加
http://www.worldhealthsummit.org/newsletter/world-
health-summit-newsletter-10.html

平成23年6月  順天堂大学医学部客員教授 就任
平成23年9月  日独交流150周年記念
第2回ベルリン大学-順天堂大学ジョイント・シンポジウム実行委員
平成24年10月  御茶ノ水ドクターズネット設立
平成25年2月  東京都実施 認知症サポート医養成研修 修了 
 平成26年1月 「認知症医療・介護連携協議会及び研修会」にて講師を務める
⇒認知症疾患医療センター(順天堂医院)へリンク
 平成26年10月 根津交流館 老い支度講座にて講師を務める
 平成26年11月 第19回拡大キャンサーボード(順天堂大学医学部附属順天堂医院)にて講師を務める
 
副院長:堀 訓也(ほり のりや)  医学博士
昭和大学医学部客員教授
日本外科学会認定専門医
日本消化器外科学会 認定医

 他、非常勤医師6名、臨床検査技師、相談員 

他療機関との連携も積極的に行っております
facebook 

クリニックからの情報を
随時更新しています!



御茶ノ水ドクターズネット
について




































 
Copyright c Bunkyo-Nezu-Clinic All Rights Reserved